清阪terrace


大阪府茨木市で

自然養鶏を軸にした

有畜型循環農業を

おこなっています。


大阪府茨木市の北端、
標高400メートルに位置する
「清阪(きよさか)」という集落で、
自然養鶏を軸とした
有畜型循環農業をおこなっています。
鶏に与えている餌は
市販の配合飼料を一切使わず、
北摂周辺の地域からでる、
ビール粕やおからといった、
食品廃棄物を利用しています。
そして養鶏により出た鶏糞は、
畑に戻して、野菜づくりに
活用をしています。

~清阪terraceからのお願い~

清阪terraceのホームページをご覧頂き
誠に有難うございます!!

大変申し訳ございませんが
清阪terraceでは
日頃から支えて頂いている
地域の小売店や飲食店の皆様に
販売を委託することで
少しでも貢献したいという想いから

卵の直接販売は行なっておりません


また、見学希望の際はお手数ですが
必ず事前に
お問い合わせフォームから
詳細をご確認の上
ご連絡いただきますようお願い申し上げます。

環境負荷を減らしながら安心して召し上がっていただける卵を
お届けできるように尽力してまいりますので
何卒皆様のご理解とご協力をいただきますよう
よろしくお願い申し上げます。



周辺地域にご協力いただきながら

ロスを最小限に。

「小さく行う」は

人にも動物にも自然にも優しい。

清阪terraceで使用している餌は
ほぼ100%(牡蠣殻以外すべて)、
一切の配合飼料を使用せずに
周辺地域の良質な食品廃棄物を利用し、
自家配合しています。
このように生産者の顔が見える
安心なものを餌として与えれば、
質の良いたまごはもちろんのこと、
副産物の鶏糞も質が良くなります。
更に鶏糞を土に戻すことで
有益な微生物が育ち、
土を健康にしてくれるため
虫にも強い野菜が育ちやすくなります。

清阪terraceは現在、約350羽程度の
鶏を平飼いする、
とても小さな養鶏場ですが、
小規模だからこそ、ロスが少なく、
このサイクルがきれいにまわります。
「すでにあるものを活かし、
人にも動物にも自然にも
優しい循環をつくる養鶏」
これが清阪terrace のモットー。
そして自然豊かな山間部でありながら 
都市近郊の利便性のよい立地
というメリットを最大限活用し、
資源を活かして環境負荷を減らしながら
安心でおいしいたまごを
つくることを大事にしています。


清阪terraceで使用する

餌の原材料提供先紹介


いつも快くご提供いただき、

ありがとうございます!!

●大阪「箕面ビール

上方ビール」「國乃長

3TREE BREWERY

のビールかす 

摂津「パプアニューギニア海産のエビがら

●豊能町山口納豆」のおから

●「高槻バイオチャーエネルギー研究所の粉炭

●京都「横山竹材店

の竹のおがくず

●大阪「類農園直売所

のお魚のアラ 

●大阪「いんやん倶楽部」

お茶がらなど

加工品の加工後の廃棄食材


●高槻「寺本農園」

の規格外トマト


●京都「田原農園

の規格外富有柿


●京都「津之吉」の廃棄食材

(けずり鰹など)


●自家製発酵飼料

(お魚のアラや米ぬか、

竹のおがくず、おからなど

でつくっています)


●その他:近隣農家のお米、

米ぬか、牡蠣殻、

野菜、野草、

山の腐葉土養分たっぷりの湧水

メディア・書籍での掲載

ありがたいことにたまごの品質という点で取り上げて頂くことが多いのですが、
そんな中品質を維持できるのも地域の農家や企業の皆様、購入してくださる方々、
家族や仲間に支えられているおかげです。皆さんいつもありがとうございます!

これからも鶏ともども、応援宜しくお願い致します!

「あまから手帖」2018年5月号

【北摂そだち 「いま山がおもしろい」】

●2018年11月24日放映 テレビ朝日
「食彩の王国 ~たまご~」

2020年4月18日放映 テレビ大阪
「OSAKA LOVER」

【今が旬!トマト&卵の新常識 】

「あまから手帖」2020年5月号

【50th 北摂「北摂で買うなら
~良品発掘、高槻のセレクトショップ~」】

2021年4月22日放映 朝日放送

「キャスト」

【スゴ技!BoobleMap】

●2021年7月シティライフ別冊「北摂まち本」

【北摂産を盛り上げる農業・食産業】P172

●2022年3月出版 
「日本農業改造論-悲しきユートピア-」
神門善久著(ミネルヴァ書房)

「新しいタイプの小規模農家」の項目にて掲載 

「月刊 米と流通」2022年6月号

「思考の玉手箱」明治学院大学教授 神門 善久著
【第25回 採卵養鶏の小さな革命】にて紹介


●公益財団法人関西消費者協会 note

(2022年11月29日)


https://note.com/tender_phlox672/n/nb4f618298c74

特集

アニマルウェルフェアと動物愛護法の改正ポイント

インタビュー
「小さな養鶏場にみるしあわせの畜産スタイル」
清阪terrace代表 自然養鶏農家 横峯 哲也


≪地元での紹介≫

●2018年11月 茨木市制70周年

記念魅力発信冊子

「イバイチ!」

【いばきたのいちばん気持ちいい人々。】

●いばきたデザインプロジェクト

2018年4月~2019年3月 

茨木市北部地域・旧見山村編

「清阪」地区「清阪terrace」

JA茨木市広報誌

「プリマベーラ」

2019年12月号

【ステキ!My Life~平飼い自然養鶏卵 清阪terrace~】


これまでも。これからも。

「清阪terraceメンバーシップ」

会員随時募集中!!

  「清阪terrace」は小さな養鶏場です。
自然養鶏は自然の恩恵を受ける一方、厳しさにもさらされます。
例えば、夏場冬場は毎年、産卵数が激減してしまいますし、一夜にして建設中の鶏小屋が吹き飛んだ経験もあります。
2018年の大阪北部地震と台風、長雨があった災害時には400羽近くいた鶏の99・5%がたまごを産まなくなるという期間が数か月続きました。
更に清阪terraceのある茨木市の北部地域は度重なる開発で獣害被害も年々増え、気候変動も大きくなる中、自然養鶏を軸にした有畜型循環農業を生業にしていくことは厳しさを増す一方です。
とはいえ、地球資源は有限で、これに歯止めをかけるアクションは今すぐ必要とされています。「現代日本の生活様式が全世界で行われるようになると地球3個分の資源が必要」であるというデータもあります。
しかしながら現時点でケージ飼いが98%、慣行農法も同じく98%といわれる日本の畜産業、農業という中での極少数派の、自然養鶏を軸にした有畜型循環農業を行う私たちだからこそ、見えるもの、伝えたいことがあります。
それは「手間を惜しまず、なるべく環境負荷をかけない養鶏と農的暮らし、そして結仕事で共感しあえる仲間との豊かな時間に使うことの価値としあわせ」。
「人は自然の一部であることを忘れないような種まき」をすること。
清阪terraceでの日々と活動では、このチャレンジをし続けたいと思っています。

 ●小さく行い、ロスと環境負荷を減らす
●周辺地域との関係性を大事にし、立地を生かして都市と山を繋ぐ
●イベントなどを通じて、自然と共にある生活の魅力を発信する

など、小さく、しぶとく、優しく。
もし、私たちに共感してくださる方がいらっしゃいましたら
ぜひ、「清阪terraceメンバーシップ」を通じて仲間になっていただけたら
嬉しいです。もちろん「遠方や多忙で、交流するのは難しいけれど応援したい!」という方も、大歓迎です!!

清阪terraceメンバーシップ制度~

清阪terraceの活動を応援&共に活動したいという方のコミュニティーです。
★★★ メンバー特典 ★★★
【春のたまごまつり】
3~4月頃の卵の最盛期にたまごをお渡し&たくさんある場合は
メンバー特別価格での販売。

※商品のお渡しは農場でが原則となります。遠方など直接のお渡しが難しい方は
  郵送致します。(送料は別途頂戴いたします)   
※災害や獣害などのアクシデントなどが発生し、
ご用意できない場合もありますことをご了承ください。
【メンバーシップLINEグループ招待!】

メンバーシップにご参加いただいているLINEグループにご招待致します。
基本的にこちらでメンバーシップの皆様へご連絡・メンバー限定イベントの
ご案内、農や養鶏のリアルなど限定配信などをさせていただきます。
【引退鶏肉の販売、畑の野菜、加工品などの先行販売】
【メンバーシップ限定イベントまたは特別価格でのイベント参加!】
【清阪terraceの田んぼの会のメンバー、畑のメンバーの方は年会費割引に!】
どちらも 年会費から2000円引き、
両方ご参加の方は年会費から5000円引きとなります。

★★★ 参加料金とお支払方法 ★★★

・1年間:15000円/1口~。+投げ銭や複数口のお申し込みも大歓迎です!
・1年毎に更新。(6月~翌年5月までの1年)途中入会も金額は変わりません。
・お支払い方法:直接現金手渡し・銀行振込・楽天PAYからお選びください。
★★★ お申し込み方法 ★★★
①氏名②電話番号③メールアドレスを明記の上、お問合せフォームにて
  メンバーシップ参加の旨をご連絡ください。
料金の受取確認次第、メンバーシップLINEグループへご招待致します。